勉強もバイクも好きだ!

臨床検査と心理学とバイクとクルマのブログです

クルマ遍歴 ①S130フェアレディZ

大学卒業して、やっぱり一番欲しいのが、クルマでした。

小学校時代にいわゆる「 スーパーカーブーム 」があり、ランボルギーニは無理としてもスポーツカーには乗りたいと思っていて、悩んだ挙句、生まれて初めて買ったクルマがなんと!

 

日産 フェアレディZ ( S130 )!

f:id:honeyhornet:20190515203717j:image

 

写真はマンハッタンカラーのTバールーフになってますが、残念ながらガンメタのノーマルルーフでした。

また、さすがに2シーターには割り切れず、2by2の2000ノンターボです。

ミッションは5速マニュアル!

ただ今見ても、このロングノーズ・ショートデッキはスポーツカーの基本で、カッコイイと思う。

このZに至っては、2シーターの方がバランスが良く、かっこよかったです。

当時、パワーステアリングなるものがまだ、一般的ではなく、アクセルを開けながらハンドルを切ると言う、力任せのハンドリングでした。

また、今は信じられないでしょうが、当時はオートマ=おじさんの図式があって、スポーツカーの中古車はオートマよりマニュアルが高い( 新車価格は当然、オートマが高いです。)と言う逆転現象が起きてました。

それから、止せばいいのにタイヤは当時高価な「 ブリジストン レグノ 215/60 R15 」!当時では一番扁平率が高いものでした。これがまた、ステアリングを重たくしていて、周りから「 なんで?」って言われてました。

うん、見栄です。

多分、今の人には理解不能だと思います。

コンポ、、、えーと、、オーディオ?は当時流行った「 アルパイン 」。わかる人はわかると思いますが、これも高価でした。

若い時って本当に見栄はってたなぁって思う。

 

「 西部警察 」って言うドラマで主役=渡哲也が乗ってたのが印象的です。

 

2年ちょっと乗って、さすがにパワステがない生活が苦痛になり、ライトウェイトスポーツに移行するのは、致し方ない。

 

つづく